1月16日グランシップ (香奈子)


静岡大学の催しで、下記に出演いたしました
🎶静岡在住の書家の大杉弘子さん、
笙の演奏家大塚惇平さんと
ライブパフォーマンス
書のお題は能の演目「隅田川」から、「紅無」、同じく「小鍛冶」から「白狐」。
同じ時空を音を紡ぎながら、即興での表現です✨
即興をするときはいつも、
自分の中にある要素と場との呼応✨
恩師 メビウス気流法の坪井香譲先生に 
教えていただいた
自(みず)からと
自(おの)ずからの行き交うところに
音を捧げられたらなと
ある時から思うようになり、
そのような機会をいただくたびに
自分の中のどの扉が開くのか
とてもワクワクします。
今回、大杉先生の書のお題は能の演目
「隅田川」から、「紅無」、
「小鍛冶」から「白狐」
朝起きたときに
隅田川では時の移ろいのまにまに
私達が在ることを思い、
小鍛冶ではそういえば、このところ
身の回りに剣のお話と稲荷のお導きが
溢れていて、吉兆✌️な運びだなぁ〜と
祝福された場に向かう喜びを
感じました。
書家の大杉弘子先生✨
小柄なお身体のなかに勢いと密度と
書への真摯な愛情を感じました。
パフォーマンスも作品も
突き抜けておられました✨✨
富士山の麓 青い空の下 静岡で 
空海って、凄いんだなぁ、、、と
しみじみ味わうとともに
気持ちがスッキリ。。
笙の大塚惇平さんとの即興演奏で、
惇平さんのさらなる心の自由さを
堪能しました🌸
おかげさまで、わたしも笛で響き、
歌い語ることが自由でした🌈
惇平さんとは15年くらい前に出会い、
今このように響きあえることに
とても喜びを感じました。
惇平くん!とても頼もしい✨✨✨
また15年前の私達を知る友人も
駆けつけてくれ、再会できました✨
嬉しかったです!
岩崎さんありがとう☺️🎶